article

0円で心身が元気になる挨拶をケチらない

挨拶は表情筋を動かす絶好のチャンスだと思っています。「使わない部位は老化する」のは少し考えたら想像できること。だから、「知人ではない人」とでもシーンによっては積極的に挨拶をします。身近な例でいうと、同じマンションに住む人とエントランスや廊下...
article

2024年4月10日〜4月14日の日記

※この日記は電子書籍orZINE化を目的に、2024年1月1日より綴り始めたものです。5日ごとに掲載します。4月14日(日)午前から昼過ぎまで勉強や仕事。エニタイム阪急豊中駅前店でトレーニング後、カフェで読書という先週と同じ流れにした。今日...
article

リップライナーで唇の輪郭をきれいに見せる

使うと使わないとで、こんなに変わるんだ——。そう驚いたのは、およそ1ヶ月前、初めてリップライナーを使ったときのことでした。なんとも丁寧さに欠ける話ですが、そのときまで「別にリップライナーはなくてもいいでしょ」と口紅やグロスを直塗りしておしま...
article

別れ際に「またね」と言う理由

「バイバイ」「さよなら」よりも「またね」という言葉が好きです。皆さんは人と別れるとき、オンラインや電話を終えるとき、どんな挨拶をしますか?すこし前、「バイバイ」を安易に発してしまった後、どこか寂しい気持ちになりました。ぷつっと切れる感覚を味...
article

「なりたい身体」を具体化・言語化する

ここ3週間ほど、身体のラインをととのえる習慣をつくっている最中です。(それまでもトレーニングはこの1年、週5〜6でしていたのですが、食事については一切コントロールせず生きていました。その在り方を変え、なりたい身体をつくる食事へと切り替えまし...
article

excel「デイスキンコンフォート」が優秀

私はファンデーションを塗りません。 塗ると、小鼻の毛穴が目立って見えて、肌がきれいに見えない……と悲しくなるのです。塗ると肌に重たさが出て心地よくない、多くのアイテムを重ねたくない、ナチュラルな肌が好き、というのも理由。だから、日焼け止めだ...
article

人づきあいが苦手だからといってフリーランスを選ぶのはむしろ逆のことである

SNSでいろいろな身の振り方やハウツーを見かけますが、腑に落ちることもあればピンとこないこともあるでしょう。身を置いている環境や自身の性格によって響き方も様々。「自由」の先に本当に良い未来が待っているか、見定める必要があります。誰かの言葉が...
article

2024年4月5日〜4月9日の日記

※この日記は電子書籍orZINE化を目的に、2024年1月1日より綴り始めたものです。5日ごとに掲載します。4月9日(火)今日も自然と6時起き。最近アラームよりも先に目覚める。8時半に近所のパーソナルトレーニングジム「NEXUS」へ。うちか...
article

上質なTシャツが1枚あるといい

Tシャツ1枚で、人の印象は大きく変わるもの。これまでいろいろなTシャツを着てきましたが、上質なTシャツは違います。まずは、形の美しさ。「SALT+」で2022年夏に買ったTシャツ「SOOBINSMOOTHT-SHIRT」(販売終了)は、身体...
article

お泊まり時の「習慣シェア」は豊かな時間

20年ぶりに会う地元の女友達と週末、京都に行ってきました。ふたり共日帰りでも行ける場所ながら、安易に1泊2日旅を提案していたのですが、振り返れば、泊まりの旅だからこその面白さがありました。まずは夜。使っているスキンケアアイテムをお互いに聞き...