考える買い物

article

プロテインの「コーヒー割り」を簡単に作る方法

地元の焙煎所でコーヒーを買うことが多いです。コーヒーミルがないため、店で粉に挽いてもらい100gずつ買っています。豊中市では曽根「かみかわ珈琲焙煎所」をリピートするようになりました。店主さんが話しやすい人なので、「豊中に来て友達がひとりしか...
article

出張先・旅先では「すぐ捨てない」

「空になった500mlペットボトル、捨てなくて良かった」「ナイスプレー」。そんなふうに自分の行動を褒めた日の話です。ここ数日間、ホテル暮らしをしています。ホテルへのチェックイン前に買った飲み物類の中に、紙パックのアイスコーヒー(1L)があり...
article

ポメラが欲しくなったけど買わずに「代用」で済ませた話。

ある有名編集者の投稿を見て、キングジムデジタルメモ「ポメラ」DM250を欲する気持ちが一瞬、高まりました。ポメラは簡単にいうと、携帯しやすい軽量・小型のワープロです。渋谷「barbossa」マスターで作家の林伸次さんも愛用されていて、林さん...
article

ソージュのショートスリーブコクーンブラウスが上品

一目で上質な感じが伝わるトップスが1枚あると重宝します。ジュエリーを合わせてきれいめにも、デニムなどカジュアルなボトムスを合わせてラフにもまとまるからです。先日、この春「ソージュ」で買った「ショートスリーブコクーンブラウス」に、7年前に「j...
article

珈琲焙煎所でドリップバッグも買う理由

会社のメンバー・ゆりてんがこんなポストをしていました。分かるような気がします。いただきものを処分するときは、くれた人のことを考えると「申し訳ない」気持ちになりますから。だからこそ、私も「残るモノ」は基本的に渡さないようにしています。ささやか...
article

お気に入りはローカルで突然に

「新生活」はカレンダー上でわかりやすい季語や歳時記ではありませんが、入学や入社を控える方々に向けて、業界では2月、3月から準備されているキーワード。今回、特に伝えたい読み手は、早ければ2月から移転や転職、引っ越しの準備を始めてきた方々。また...
article

必要のないモノを買わないための行動ルール

コスメの中でもアイシャドウがとくに好きです。アイメイクに力を入れているわけではないものの、自分の目が気に入っているからか、色や質感が微妙に違うモノを試した状態を見たい、という願望があるようです。すでに持っているにも関わらず、新商品が気になっ...
article

新刊は綺麗に、早く読み終えて高値で売る

新刊本を紙で買ったときに心がけることがふたつあります。ひとつは、できるだけきれいに扱うこと。カバーを取り外し、清潔な手で触れるようにし、持ち歩くときは布の袋(化粧品や石けんが入っていたようなコットンの袋)に入れます。電車で読んでいるときは、...
article

忘れたくないモノは「鍵置き場」に

出かけるとき、忘れてしまいがちなモノがあります。それは歯間ブラシとハンカチ。どちらも私には必要不可欠なモノです。出かけた先で飲食した後、歯を磨くのは無理でも、歯間は掃除しておきたいから。手洗いうがいをするとき、貴重な資源から作ったペーパータ...
article

コンブチャを作ったら美味しくできた

高校生の頃、流行したモノ・コトに関してまとめられた本を読んだとき、70年代に「紅茶キノコ」がブームだったと知りました。名称が印象的でしたが、当時は自分とは馴染みのないモノで、一体どんなモノなのかあまりぴんと来ていませんでした。それから20年...