美容

article

「あ、ヒゲ生えてる」自然光と美容の密接な関係

アゴの裏にヒゲを発見することがあります。髪のような太さの黒い毛。ああ……。自然光の下で鏡に映る変顔をチラ見しながら、それを引っこ抜きます。妙なところに生えている毛を抜くとき、だいたい変な顔になりませんか。ヒゲを見つけた瞬間はガクッとなるもの...
article

眉アートメイクは賢い投資だった

描き足さなくても整った眉でいられるってラクだなあ。眉アートメイクの施術から3ヶ月、毎日そう感じています。もともと眉は毛や形も残っている方でしたが、眉尻は描き足す必要がありました。自眉がある方なので、眉アートメイクが必要不可欠というわけではあ...
article

旅先でのスキンケアは「無理しない」

旅先では「一部のスキンケアを省く・休む」ことにしています。というのも、自宅でしているスキンケアとまったく同じことをしようとすると、どうしても無理があるからです。たとえば、普段は顔と腕、首にはオーガニックマザーライフの日焼けケア美容液「サンケ...
article

帰宅後はずっと素肌で過ごす

帰宅してその後に外出予定がない場合、すぐにメイクを落としてシャワーを浴び、スキンケアまで済ませて、「今すぐ寝てもいい状態(今すぐベッドにダイブしていい清潔な状態)」にしています。たとえば、ジムから帰ってきたのが15時半で、その後は家から出ず...
article

「この美容課金って必要?」見直す時間を設けてみる

「これって、本当に必要?」「何度か課金したけど、続けるべきことかな?」思い立ったときに、そうやって自分の生活で発生する課金事項を見直しています。今回は「生活における課金振り返り〜美容サービス編」です。1つ目はまつ毛パーマ。施術者と知り合った...
article

1日に飲む水の量を正確に知る方法

「自分は1日◯リットルの水を飲んでいる」と具体的な量を把握している方はいるでしょうか。水を計画的に飲んでいる方を除き、曖昧なのではないかと思います。私は「1日に2リットル以上は飲んでいるだろう」と想像していました。多くても3リットルくらいだ...
article

0円の米ぬか風呂を楽しむ

とある飲食店で「ご自由にどうぞ」と書かれた米ぬかをいただき、いろいろな用途で活用しています。昨夜はお風呂で使いました。米ぬかは美容成分が豊富とは知ってはいましたが、調べてみて衝撃を受けました。「とても優れた粉じゃないか」と。肌の新陳代謝をア...
article

「ま、いっか」とシャワーを浴びない代わりに

運動して汗をかいてもシャワーを浴びず、身支度だけ整えて出かけることが、場合によってはあります。昔の自分からすると信じられませんが「ま、いっか」と処理しているから面白いものです。 先日、朝トレーニングジムへ行った後、不動産の内見予定がありまし...
article

歯は「天然のジュエリー」だから美しく保つ

ずいぶん前の話です。身体の好きなパーツに関する「フェティシズム」を「派」と言い換え、パートナーに「◯◯くんはお腹派だね。おっぱい派でもお尻派でもない、新しい派」とふざけて言いました。彼は私のお腹側面のぷよっとつまめる肉が好きらしく、「ふにふ...
article

自然体な美肌に仕上がるファンデーション

日焼け止めだけのベースメイクを続けていましたが、数年ぶりにファンデーションを使うようになりました。選んだのはbiororganicsの「オーガニックアクアエアレスクッション」。MEGUMIさんが著書『キレイはこれでつくれます』の中で紹介して...