article

article

ポメラが欲しくなったけど買わずに「代用」で済ませた話。

ある有名編集者の投稿を見て、キングジムデジタルメモ「ポメラ」DM250を欲する気持ちが一瞬、高まりました。ポメラは簡単にいうと、携帯しやすい軽量・小型のワープロです。渋谷「barbossa」マスターで作家の林伸次さんも愛用されていて、林さん...
article

自分で横髪を切って得た気づき。

人の行動の多くは思い込みから成り立っている、と考えています。思い込みの枠を取っ払い、別の方法を試してみて、うまくいけばラッキー。そうも思っています。たとえば「髪の毛を切るために美容院に行く」という行動も、私の思い込みからくるものでしょう。も...
article

離婚から8年、傷ついていたのは私だけではなかった。

私は一度離婚しています。2016年1月、29歳のときです。自由気ままにふらふらしているせいか、近年知り合った方には独身を貫いていると思われることもありますが、今や希少性のないバツイチです。現在38歳なので、早いもので8年前。約2年半の結婚生...
article

引っ越し中毒。

豊中市に引っ越して半年も経たないというのに、最近物件探しをしていました。アホだなと思うと同時に、引っ越し中毒の星に生まれたのだろうと確信しています。現状、私+猫、パートナーは同じマンションの同じフロア、別の部屋に住んでいます。ひとり+1匹、...
article

もうちょっと人の意見を聞いておいたら

「もうちょっと人の意見を聞いてけばよかった」と思うことはありますか?どうも、医師のDr.Taroです。「医師」と聞くと、世間の人はこの肩書だけでいろいろな先入観を持ってくださいます。・勉強がよくできたのかな・人として素晴らしい人なのかもこん...
article

新開地の寄席「喜楽館」へ

「チョウズ」と聞いて皆さんは何を連想しますか。多くの人は「手水」ではないでしょうか。先日、神戸・新開地の寄席「喜楽館」に行ってきました。久々の落語です。有名な古典落語のひとつ「手水廻し」を演じたのは笑福亭仁昇師匠。この日、久しぶりに「長頭」...
article

「高齢紳士の慎ましくも豊かなひとり暮らし」本づくり計画、再開

「高齢のご婦人の慎ましくも豊かなひとり暮らし」をテーマにしたエッセイ本が多い——。先日お会いした年上女性にそんな話をしたら「そうなの!?」とおっしゃっていました。書店で足を留めるコーナーも、本をチェックする頻度も、スコトーマ(心理的盲点)も...
article

美味しい「紙パック赤ワイン」との出会い。

最近、晩酌時や寝る前に「サントリーおいしいワイン。」を飲んでいます。ずっと白ワインを好んでいたのですが、今は赤ワインに切り替え。就寝前に飲むのはどうかとも思いますが、最近はどっと疲れることも時にあって、くいっと1杯飲んでから眠りたい日もある...
article

自然体で素敵な離婚。

CRAZYWEDDING創業者で起業家の山川咲さん、現CRAZY代表の森山和彦さんが離婚し、離婚式を行ったことを6月7日に発表しました。この投稿をInstagramで見るsakiyamakawa/山川咲(@saki_view)がシェアした投...
article

「落ち着かない自分」にしっくりくる賃貸暮らし

「永遠の論争」と言われることもある、不動産における「賃貸か購入か」問題。主義・思想の違いだから、良し悪しやコスパ、メリット・デメリットを対立する者同士で議論するのはナンセンスだと思っています。「好み」で選べばいいし、賃貸とも購入とも違う、ホ...