仕事

article

お金と人間関係の位置関係

生きているといろいろな不条理が降りかかってくる。自分の尊厳を揺るがすような不条理な出来事の多くは人間関係にあると思っている。ある職場での出来事。医学書に書かれている通りに検査のオーダーを提出したところ、上司より物言いがついた。上司の経験では...
article

「仕事できない時間」を視覚化して、心を安定させる

生活の中に仕事の予定を組み込む——それが私の日常です。仕事は大切で、面白味のあることではありますが、人生のすべてではありません。自分を構成する要素の一部だから。内容によっては2〜3時間、机の前に張り付いていることもありますが、午前、午後、夜...
article

5年の意識でこう書きたい・こうありたい

朝5時と夕方5時を切り替えスイッチに働き方を大きく見直した昨年、覚えたてのフランス語を用いて「35歳までの仕事と生活モットー」を書き残しておきました。時々フランス語を使って書いた理由は、ドラ・トーザン(DoraTauzin)という憧れてきた...
article

手書きの魅力を実感するとき

PCの右隣に白い紙を1枚置いています。印刷用に買った紙ではなく、郵便物として届いた片側だけ使用可能な紙です。何に使うのか?議事録を正確に取るタイプではないMTGや電話でのメモに使っています。上部に日付を書いて、必要な文章、キーワードだけを記...
article

2024年4月20日〜4月24日の日記

※この日記は電子書籍orZINE化を目的に、2024年1月1日より綴り始めたものです。5日ごとに掲載します。4月24日(水)朝から午後までMTG3件。おおしまりえさんとのライフスタイルに関連するテーマでのstand.fm収録2件。なぜ「一緒...
article

2024年4月15日〜4月19日の日記

※この日記は電子書籍orZINE化を目的に、2024年1月1日より綴り始めたものです。5日ごとに掲載します。4月19日(金)午前、市立豊中病院へ。豊中にある大病院だ。自転車で片道3.5kmほどの良い運動。書いてもらった紹介状を持って、不正出...
article

2024年4月10日〜4月14日の日記

※この日記は電子書籍orZINE化を目的に、2024年1月1日より綴り始めたものです。5日ごとに掲載します。4月14日(日)午前から昼過ぎまで勉強や仕事。エニタイム阪急豊中駅前店でトレーニング後、カフェで読書という先週と同じ流れにした。今日...
article

「1回触ったらやりきる」と決める

「1回しか触らない」これ、何のことかわかりますか? メールでも郵便物でも、やろうと思って物理的に触れたモノでも、何にでもいえることです。たとえば、メールは1回開いたら即返信するか、返信に時間を要する内容はスケジュールに入れるかして、すぐ片づ...
article

気くばり上手な人は「開いている」 – 『リーダーの気くばり』を読んで

「気くばり」できる人に憧れます。というのも、気くばりが得意ではない自覚があるからです。そんななか『リーダーの気くばり』が刊行されるのをメールマガジン「【IndigoBlueメルマガ】柴田励司の人事の目」で知って予約購入し、1週間ほど前に読み...
article

「頼りにしてくれたお礼」を行動で返す

誰かに何かを頼ってもらったとき、私自身が直接役に立てなくても、誰かを紹介することで間接的に役に立ちたい——いつもそう思っています。たとえば最近、仕事関連で知人から連絡をもらう機会が立て続けにありました。1件目。私自身が相手に直接かつ迅速にギ...