寄稿

article

もうちょっと人の意見を聞いておいたら

「もうちょっと人の意見を聞いてけばよかった」と思うことはありますか?どうも、医師のDr.Taroです。「医師」と聞くと、世間の人はこの肩書だけでいろいろな先入観を持ってくださいます。・勉強がよくできたのかな・人として素晴らしい人なのかもこん...
article

いくつになっても、生活の中に世界を

いくつになっても「世界」に関心を持てることは素晴らしい。自分もそうでありたい。ある日、今暮らしている家の近くの道端でお年を召したご婦人3人の会話が聞こえてきて、思わず耳を傾けました。「プラザでね、世界の童謡やるって」「あら、どこ?」「〇〇ホ...
article

緑地公園「炭火焼肉 七輪」【Dr.Taroのちょっといいごはん】

北摂の焼肉店といえばここ。今回はチェーンの焼肉店紹介です。チェーンの焼肉というと脂が多い、肉が薄いなど、安かろう、悪かろうなイメージがあるDr.Taroです。今回訪れたのは「炭火焼肉七輪」さん。緑地公園店ですが、内装がまずチェーン店らしから...
article

結果が出るスキンケア、私の場合ーオイル1本と皮膚科でタフな肌に

私の美容健康テーマは「ムダをなくして自分自身を強くする」ことです。体の中のいらないものを出し、栄養食品や化粧品に過度に頼ることなく健康でいたいと考えています。肌についても同じ。「洗顔後〇分以内に化粧水」「化粧水のあとは必ずクリームで蓋を」「...
article

お金と人間関係の位置関係

生きているといろいろな不条理が降りかかってくる。自分の尊厳を揺るがすような不条理な出来事の多くは人間関係にあると思っている。ある職場での出来事。医学書に書かれている通りに検査のオーダーを提出したところ、上司より物言いがついた。上司の経験では...
article

5年の意識でこう書きたい・こうありたい

朝5時と夕方5時を切り替えスイッチに働き方を大きく見直した昨年、覚えたてのフランス語を用いて「35歳までの仕事と生活モットー」を書き残しておきました。時々フランス語を使って書いた理由は、ドラ・トーザン(DoraTauzin)という憧れてきた...
article

曽根「ラ カーサヒデ」【Dr.Taroのちょっといいごはん】

阪急宝塚線、曽根駅。建物の高さがそれほどなくて住宅街が広がる地域。坂の多い街でもある。駅から西に向かって抜ける道沿いに「ラカーサヒデ(laCasahide)」はある。店の玄関前に置かれた板にはメニューの一部が書かれている。気になっていたけど...
article

猫とお散歩

猫はずっと家にいるもの、と思っている人は多いのではないでしょうか。猫を連れて外に出たい。猫を迎えてしばらくして、そう思うようになりました。この可愛い猫をもっと世の人々に見せたい! という理由からです。そう思い始めてから、ペット用品ショップで...
article

玉袋筋太郎著『美しく枯れる。』を読み終えて

玉袋筋太郎。あまりにも特徴的な芸名だが、魅力が詰まった芸人だ。言わずと知れた水道橋博士と浅草キッドを組み、漫才師として活躍した。最近テレビを見なくなり、またテレビが家からなくなって、ライフスタイルが変わった私にとって、活躍した芸人の近況はY...
article

収納が少なくても、心地よいリビングを保つ3つのアイデア

羨ましいと思うことの一つが「子どもがいるのに常に部屋が整っている家庭」。そのような人に話を聞くと、夫婦ともに整理整頓好きだとか、十分な収納スペースが設計された家に住んでいるとか、もう根本的に我が家とは住む世界が違いすぎて参考になりません。特...