寄稿

article

30過ぎても学んでる?

新たな環境で生きている。2024年2月、引越しをした。猫を飼い始めた。40平米に満たない1LDK。実質広めの1Kだ。パートナーは同じ階に同じ間取りで住んでいる。越してきて間もない夕食。外食した焼鳥屋で。何気ない会話の中でパートナーが言った。...
article

猫は見ている

2021年6月27日、我が家に猫がやってきました。当方はペット業界に身を置く者。犬や猫を飼っている従業員は多く、社内では業務中だけでなく雑談の際にも犬猫の話題が多く飛び交っています。ある日、隣の席の同僚との何気ない会話の中で、「猫初心者はま...
article

30分以内で晩ごはんを作るコツ。「材料まとめ切り」5つのメリット

母親になって11年。本当は1日24時間もないのでは?と疑うほど、時間に追われています。日々すべきことだけが増えていき、どうやって時間を生み出すか試行錯誤の毎日です。特に効率よくこなしたいのが、料理。美味しいものが好きで、楽しみでもある料理の...
article

自分のルールや習慣に縛られ過ぎないないように

人間、自分の思い通りにならないと心を乱されてしまいますが、その原因は「自分の中」にあることも多いです。外部からのイレギュラーなことは仕方ない部分もありますが、いつの間にか、自分で自分を縛っていることもあります。何かネガティブなことが起こった...
article

老いも若きも私にも、大切なケアってなんだろう?

「リラックス」や「リフレッシュ」の方法は浸透していますが、それらと少し異なる「リチャージ」という英語を教えてもらった長年の愛読書があります。『最高の自分にリチャージする12章心も体も生まれ変わる「セルフケア」プログラム』(原題:AYearo...
article

鮨デビューはここで決まり!

どうも、鮨仙人のDr.Taroです。いいごはんの代名詞、鮨。Dr.Taroも大好き、鮨。北新地といえば、鮨。ということで、おめでたい新年1発目の「ちょっといいごはん」はお鮨に決定しました。今回は超人気の赤酢グループのお鮨屋さんです。その名も...
article

猫を迎えた後の話

2021年6月27日、我が家に猫がやってきました。▼お迎えまでのお話はこちら▼猫種はマンチカン。レッドタビー(茶トラ)で短足の女の子です。お迎え当日、当方は午後から予定があったため、契約や諸手続きは夫にお願いし、ペットショップを後にしました...
article

結婚相手とSNSは、片目を閉じてかろやかに

友人から「あんたはほんまにSNS楽しんでるな。嫌になることないの?」と言われました。なんでも、その友人はSNSに疲れてアカウントを削除したとのこと。私はほぼ毎日、メインで利用しているSNS「X」に何かしら投稿しています。フォローしている人の...
article

美味しいお店の見分け方、こんなのもあるよ

「SAVORLIFE」でも「ちょっといいごはん」をレポートしていて、美味しいものを食べ歩くことが好きなDr.Taroです。ミシュラン星いくつみたいなお店からB級グルメまで、いろいろ食べてきました。檜のカウンターで食べるお寿司、個室で食べる日...
article

2拠点生活を快適に過ごすコツ

筆者は昨年より、居住地の福岡市と東京を行き来することになりましたが、その日々の過程において、移動や滞在を快適にこなすための工夫が重要であることを強く実感しています。2024年に2年目を迎える2拠点生活を、1年目を終えて見えてきた改善点を考え...