パートナー

article

気づいたときには、人生から恋愛が消えていた。

恋愛という要素が人生からすっぽり抜け落ちてしまうことを、実らない片想いに無駄に苦しんでいたはるか昔の自分は少しも想像していませんでした。かといって、恋が成就しようがしなかろうが、ときめきや恋しさ、切なさ、寂しさといった恋愛感情の類がいつだっ...
article

語頭に「汚」を付ける、ふたりだけの愉しみ。

最初に言っておきます。今日は「あまりにもくだらない発見」についての話をします。それは、どんな言葉でも語頭に「汚(お)」を付けると、途端に面白おかしくなることです。我が家における実にどうでもいい例を公開します。汚園(おぞの)=汚い園子紛れもな...
article

お風呂は一緒に。

私たちカップルは「余計なノイズのない環境下で熟睡したい」派ゆえ、寝るのは別々の部屋ですが、お風呂は一緒に入っています。同じマンション内に各自部屋を借りていて、パートナーの部屋で夕食後に入浴を済ませたら、私は「8歩先」にある自宅に戻って仕事再...
article

言葉は魔法

言葉は魔法。私はそう考えています。パートナーは毎日私を見て「かわいい」「かわいい子いる」と言います。そんな生活が4年目です。もうすぐ38歳になる中年になっても、かわいいと言われ続けるとは予想外でした。今年の1月までは月の10日間を一緒に過ご...
article

「別々に住みたい」と「一緒に住みたくない」の差

「パートナーと同じマンションの、同じフロアの、別の部屋に住む」と言うと、「理想的」と羨ましがられる一方で、「一緒に住まないの?」と驚かれることもあります。▼その話題を盛り込んだ記事はこちら▼確かにそこまで近距離であれば、一緒に住む方が効率面...
article

2年愛した福岡を離れ、大阪で暮らす3つの理由

2年暮らした福岡。1月末をもって離れることになりました。私の中では「一時的な別れ」という認識ですけれど。2月から大阪府豊中市に住みます。といっても……寂しいです。この間、友達といえる人が何人もできたし、住んでいたのは月の3分の2とはいえ、大...
article

「センスのいい問い」ができる人を目指す

「どれでもいいから(ケーキ)10個」大阪にいるとき、地域で人気のパティスリーに立ち寄って、包装してもらうのを待っていたときのこと。私の後から入ってきたおじいさんが、怒鳴りつけるような勢いでスタッフさんに放った言葉です。「10個」の後に(怒)...
article

「いちゃいちゃ」から「わちゃわちゃ」へ

「いちゃいちゃ」という言葉を見聞きすると、なんとなく恥ずかしくなるのは私だけでしょうか。あくまで私の偏った感覚でいうと、ちょっと古い感じ(昭和っぽい)がするのと、字面に照れをおぼえます。言葉は進化しています。時代によって廃れる言葉もあれば、...
article

「人生最後の恋」は思い込みに過ぎない

「人生最後の恋」。この言葉を見て「なんで最後?」と違和感をおぼえました。この「人生最後の恋」を目にしたのは、Netflixでこの春配信された恋愛リアリティシリーズ『あいの里』です。参加者は35歳以上と年齢制限があり、30〜60代の男女が参加...
article

パートナーに「尊敬」を求めない

みなさんが「パートナーに求めるもの」はなんですか?8月5日から配信開始した『バチェラー・ジャパン』シーズン5を見ていると、バチェラーと女性との間にそんな問いが出てきました。恋愛の始まりで「あるある」なやりとり。若い女性数人が「尊敬できること...