article

Amazonの「紙袋」をごみ箱代わりに再利用

「再利用」が生活における最近のテーマです。近年、Amazonから届く荷物が紙袋であることが増えました。段ボール箱ではなく、紙袋。段ボール箱が届くよりもありがたいなと思っています。かさばらないし、重宝するからです。以前は薄く折り畳んで資源ゴミ...
article

「自分ごと」として仕事をする態度。

「これは、こういう意味ですか?」「これは、こういう理解で合っていますか?」そう聞かれて即答できないことを他人に依頼するのは無責任だと思うのです。言い換えると、「自分ごと」にしていないから、曖昧なままぶん投げるということ。「他人事」であれば、...
article

青木真也さんという人の魅力。

格闘家で文筆家の青木真也さん。2018年初頭に知り合って、のちに「DRESS」で編集者と著者との付き合いが始まりました。最初に読ませていただく者として、青木さんの原稿を心から待ち侘びていたのを覚えています。▼好きなコラムは何本もありますが、...
article

頭が悪くても、考えることに価値がある。

「伝書鳩」にはなりたくない——。(これはビジネスにおける伝書鳩の話です)仕事の場で伝書鳩的な立ち居振る舞いを見ると、気が引き締まると同時に考えます。「“伝書鳩としての役目を貫き通すスタンス”も一定存在するのだろうか?」と。間に入って「伝言」...
article

レンジの匂い消しにレモンを。

冷蔵庫には大体いつもレモンがあります。ドレッシングの材料としてストックしています。ベビーリーフとトマトをメインに、水菜やブロッコリースプラウト、薄くスライスした玉ねぎなど、野菜をもりもりにしたサラダにオリーブオイルorごま油+塩胡椒+絞りた...
article

心のハリを取り戻す。

2週間ほど前のノートを見返すと、「心の弾力性」と書き残されていました。『勝ち続ける組織の作り方』か『サッカー逆境の監督学』(いずれも2017年刊)のいずれかで目にしたものです。前者は現町田ゼルビア監督の黒田剛さん(元青森山田高校サッカー部監...
article

機嫌良く生きるのに必要な1年分の金額

年間いくらあれば理想の生活ができるのか。私は「約500万円」という金額が出ています。1月から毎月1回、全6回のコーチングを受けていて、先日6回目を終えました。コーチングでは人生におけるGOALを8カテゴリに分類して整理する「バランスホイール...
article

いくつになっても、生活の中に世界を

いくつになっても「世界」に関心を持てることは素晴らしい。自分もそうでありたい。ある日、今暮らしている家の近くの道端でお年を召したご婦人3人の会話が聞こえてきて、思わず耳を傾けました。「プラザでね、世界の童謡やるって」「あら、どこ?」「〇〇ホ...
article

「片口イワシ」さんの活躍。

片口イワシは懐の深い食材です。出汁用ではなく、食材用として買った片口イワシの表示を見ると、20g量でたんぱく質13g、脂質1.2g、糖質0g。ここまで高たんぱく・低脂質で、理想の栄養バランスだったとはと驚きました。野菜と一緒に炒めたり、味噌...
article

優れた漫画には良質な学びがある

子どもの頃『スラムダンク』にどハマりし、漫画は全巻買って10回くらい読みました。アニメもAmazonPrimeで公開されてから、大人になって見直したほど。ただ、バスケがとくに好きなわけでも、興味があったわけでもありません。『スラムダンク』と...