生き方

article

誰のために生きますか

何を間違ったか、人生相談を私にしてくれる人がいます。人生相談は好き嫌い関係なく、自分の経験から話をさせてもらうこともありますし、本人がどうしたいかに焦点を当てて聞き役に徹することも多いです。人間は話を聞いてほしい生き物だと分かっていても、本...
article

食事はオリジナリティー溢れる人間をつくるための行為である

あなたはどんな基準を持って食事を選んでいますか?手軽さ、値段、味。様々な基準がありますが、私の食選びは「身体とネタ」。2つのうちひとつは満たせるように心がけています。まずは「身体」。自分自身を商品にするフリーランスという立場上、食事には気を...
article

自分を苦しめないルーティン

最近「ルーティン」という文字を見ると、なんとなく当事者が生きづらくないかな、自分を苦しめていないだろうか、と思ってしまうことがあります。たとえば誰々さんの「モーニングルーティン」。高い生産性と集中力のための秘訣とは?あるいは寝る前の「ナイト...
article

日々は「奇跡の積み重ね」でできている

小さなものから大きなものまで、毎日いろいろな奇跡が降ってきています。歩けば奇跡と遭遇する、そんな感覚があります。誰しも日常を観察してみれば、ささやかな奇跡の積み重ねであふれているはずです。たとえば数日前、こんなことがありました。とある社長と...
article

距離感とはやさしさ

家族、恋人、友人、同僚……さまざまな関係性が社会にはあります。それぞれの立場に応じて適切な距離感というのがあります。親密な関係になればなるほど、その距離は近づいていく傾向にあります。僕の友人でモデルさんのようなイケオジ(イケてるおじさん)が...
article

「結局、まだ私は子ども」と自覚せざるを得ない

「X見たくない。全然反応がないんだもん。もういやだ」一昨日の夜、パートナーとの会話の中で、そんなことを口走りました。彼が「さっき、〜〜について(僕が)ポストしたよ。見て!」と言ったので、そう返したのです。X閲覧を拒否した理由は以下の通り。個...
article

日常生活を守るため、大事なバッグは肌身離さず

先日、交番へ行く機会がありました。拾得物を届けに行ったんです。友人と会ったある日のこと、どこかのお店の会員カードと思しきカードが2枚、丁寧に重ねて置かれていました。路上ではなく、建物の出っ張った部分の上に、です。誰かが拾い、他の人に踏まれな...
article

「頼りにしてくれたお礼」を行動で返す

誰かに何かを頼ってもらったとき、私自身が直接役に立てなくても、誰かを紹介することで間接的に役に立ちたい——いつもそう思っています。たとえば最近、仕事関連で知人から連絡をもらう機会が立て続けにありました。1件目。私自身が相手に直接かつ迅速にギ...
article

「感謝する人」は「幸せな人」

「明るく、元気で、幸せな人」に共通する特徴はなんだと思いますか?「私はあらゆるヒト・モノ・コトに対して感謝していること」だと思います。マナブさんの旧ブログで紹介されていた『ザ・マジック』を読んで、間違いなくそうだと考えるようになりました。幸...
article

“キャリアアップ副業”サービス「サンカク」が面白い

リクルートの副業サービス「サンカク」が面白いです。かなり大雑把にいうと、企業と副業者のマッチングサービス。ここでいう企業=地方の中小企業で、専門人材を雇うのではなく、外部人材の力を借りたいと考えている点が特徴です。「副業」と説明していること...